2014年5月のキラキラ情報

 
 
こんにちは、
過ごしやすい季節になりましたね。

先日、新聞でこのような記事を見かけました。


歯削る機器、滅菌せず再使用7割...院内感染懸念
                                         

歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。

20140517-00050167-yom-000-5-view.jpg












患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。

調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。

                  読売新聞 5月18日(日)より一部抜粋


当院では、衛生管理を徹底しております。
機器は、患者様ごとに滅菌したものと交換しておりますので、ご安心ください。

2014051912420230971.jpg

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています


静岡市清水区の歯科・歯医者 医療法人 社団 Smiles for all こじま歯科医院 一般歯科・小児歯科・矯正歯科・歯科口腔外科